calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

新宿でシュルレアリスムを観に行ってきました

0




    新宿の損保ジャパン東郷青児美術館

    で開催中の

    遊ぶシュルレアリスム

    というのに

    行ってきました。

    シュルレアリスムとは

    我々が普段使っている

    シュール

    とは似て非なるものです。

    シュルレアリスムとは

    超現実主義と日本語では訳され

    「現実を超えた芸術」

    ではなく

    「チョー、現実的な芸術」

    ということだそうです。

    「現実を新しい目で見つめて、現実の見方を広げる」

    ということだそうです。

    分かりましたか?

    俺はサッパリ分かりません。

    合理主義
    (理屈や道理に従って考える)

    を否定するところから始まる主義らしいです。

    「理屈とか道理だとか、そんなものにとらわれないぜ!!」

    といったところでしょうか。

    例えば、

    色んな写真や雑誌の切り抜きを1つの画面に貼り付けるコラージュ

    とか

    何も考えず無意識のままに画用紙あるいは原稿用紙に書き(描き)なぐるオートマティスム

    とか

    現実にあるもの同士をくっつけて新しいものをつくったり

    とか。

    例えばこちら



    これはアイロンに釘をくっつけた

    マン・レイ作『贈り物』

    どこが贈り物か?

    くぎがくっついているからアイロンとしては使えない

    オブジェ(物)として使うしかない

    だから贈り物。

    他にはこちら



    これはデュシャン作『泉』

    男子小便器に自分のサインを書いただけ。

    もはや作品なのかどうかも分からない。

    既成物にサインを書いて

    「これは俺の作品だ!!」

    と言ってしまう。

    それ以外に

    モナリザの絵にヒゲを書いただけの作品

    とか

    そのモナリザからヒゲを消した作品(要するに普通のモナリザの絵)

    とか。

    自由過ぎるだろ!

    とツッコミを入れたくなるのですが

    こういうのが

    シュルレアリスム

    というものらしいです。

    分かりましたか?

    俺はサッパリ分かりません。

    つまり

    「自由に楽しんで何でもやってみようぜ!」

    ってことなのか?

    シュルレアリスムのリーダーの

    プルトン曰く

    「不思議はつねに美しい、どのような不思議も美しい」

    そうです。

    詳しい人がいたら

    俺にシュルレアリスム講座をしてください。

    終始ずっと

    「???」

    な状態でした。

    「これは何を表しているのだろうか?

    この作品から何を読み取ればいいのだろうか?」

    と首を捻ってしまうものばかりでした。

    これは、

    俺に芸術的な感性が無いからなのか?

    あるいは

    深く考えたら負けなのか?

    「考えるな、感じるんだ!」

    ってことなのか?

    美術館で

    こちらを購入



    今回の展覧会の図録と

    子供用のシュルレアリスム解説本と



    ポストカードです。













    …ん?












    あれ?





















    あれれぇ???












    えぇ、

    色々と悩み苦しみましたが

    買ってしまいました…













    巖谷 國士
    ¥ 1,260
    コメント:シュルレアリスムについて講義のような語り口調で書かれた本です。芸術的な教養が全くない俺でも、シュルレアリスムの概要をつかむことができました。

    巖谷 國士
    ¥ 1,680
    コメント:今回の展覧会に展示された作品やシュルレアリスムの解説が載っています。前ページがカラーなので、パラパラめくるだけでも楽しめそうです。

    百田夏菜子,ももいろクローバーZ
    ¥ 1,000
    コメント:ももクロは、なんか周りで流行っている程度の認識でしたが、表紙に写る彼女が「私のことをもっと知ってほしい…」と見つめられてしまったので思わず買ってしまいました。


    コメント
    シュルレアリスム面白いですね。
    私も理解できません。
    しかし,こうした理解できないものが,きちんとジャンルとして確立しているところがすごいです。
    感受性を高めたい。
    • 理事
    • 2013/08/24 7:08 PM
    >>理事
    確かに。この「分かる人にしか分からない」ものが消えずに残っているのがすごいですよね。

    だから「これが芸術!」というものはないってことなのかもしれないです。自分の感性の赴くままに描けば、それは芸術になるんじゃないかと。
    • たかとし@俺
    • 2013/08/25 8:47 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック